ライター/便利屋アルファ編集部

遺品整理で大変なのは、貴重品の探し出しです。故人に貴重品の場所をきちんと聞いてあった場合は良いのですが、どこにあるのか見当もつかない場合、いったいどこを探せば見つかるのでしょうか。便利屋アルファが実際に貴重品を見つけた場所をご紹介しながら探し方のコツをご紹介します。

遺品整理(通帳と印鑑)

■困った!大事な書類が見つからない

遺品整理でまずやっておきたいことは貴重品探しですよね。権利書、生命保険証書、通帳、印鑑、現金、金庫のカギなどの貴重品をきちんと探し出して、安心して遺品整理を進めたいところです。しかしながら、ご両親が貴重品をどこにしまっているのかわからないというトラブルはかなり多くある事例で、遺品整理をする時に、家のどこかにしまってあるはずの大切な書類が見つからないと大騒ぎになることもあります。

■引き出しは焦らず丁寧に見ていきましょう

引き出し

まず誰もが貴重品をしまうならココ!というほど最もポピュラーな場所といえば、リビングや寝室に置いた引き出しや仏壇の引き出しの中などです。やはりいつも生活するスペースで身近な場所が安心するのでしょう。普段の生活スペースにある整理ダンスの引き出しや寝室にあるベッド脇のサイドボードの引き出しなどを丁寧に見ていきましょう。慌てて探すと見落とすこともありますから、「慌てず丁寧に」を心掛けてください。引き出しの奥に挟まっていることもあります。引き出しを抜いて、中身を全部出してから一つずつ点検すると良いでしょう。また、引き出しにしまっていたつもりがタンスの後ろに落ちてしまっている場合もありますので、引き出しを抜いたタンスの中の隅々まで確認しましょう。

■実は盲点、ハンドバックなどの普段持ち歩くカバンの中

いつも愛用しているバッグにこそ、貴重品がさりげなく入っていたりします。多くの人は自宅室内のどこかへ貴重品を保管していることがほとんどですが、家の中も空き巣に入られると心配されるかたは、近所のコンビニへ買い物に行くときにも肌身離さず持ち歩いているなんてこともあります。また、たくさんのバッグを持っていらっしゃるかたの場合、色々なバッグの中に少しずつ貴重品が入っている場合もあります。バッグについている小さな内ポケットも丁寧に確認することがポイントです。以前、遺品整理の作業中に、ファスナー付きの小さな内ポケットを確認したとき、実印が見つかったこともありました。

■防犯対策として変わった場所に隠してある場合も…

変わった隠し場所として、食器棚の引き出しの中や冷蔵庫の中、布団の間などに貴重品が隠れていたというケースがありました。これはもうご本人にしか分かりえません。さらにトイレタンクの中や、アルバムをくり抜いた中に隠していたケースもありました。こうなるともはや故人が遺言を残してくれていなければ見つけようがありません。

遺品整理とは、故人が仕掛けた宝探しゲームのようなものです。丁寧に片付けをしながら、いずれ出てくるのを期待するくらいの心のゆとりが持てれば良いのですが今すぐ必要だという場合もありますので、そういった場合は私たちのような遺品整理業者に依頼をするほうが確実かもしれませんね。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。たくさんの荷物の中から貴重品を見つけるというのは本当に重労働です。特になかなか見つからず荷物を散乱させてしまったなんて場合は、私たち便利屋アルファが貴重品探しから荷物のお片付けまで承っております。ぜひご相談ください。

<今回の作業事例:遺品整理>

作業人員1名から対応可能です
作業時間1時間よりご依頼可能です
作業料金6,000円~+消費税

埼玉県・東京都の【遺品整理】は便利屋アルファにおまかせください。
24時間365日 スピード対応の便利屋アルファ TEL:0120-02-8686