ライター/イタバシ 

梅雨から夏にかけて急成長する雑草。そのままにしておくと2〜3日の間にどんどん増えてしまいます。雑草をそのままにしておくと、一緒に虫が発生したり、ご近所トラブルの原因になることも…。そんなときに便利に使えるのが除草剤です。今回はその効果的な使い方をご紹介します。

草刈り

春から夏にかけて急成長する雑草。特に梅雨から夏にかけての時期は、2〜3日間放っておいただけで急成長し、気がつけばジャングルのようになっていることも。その生命力に驚く人も多いと思います。また、いざ草刈りをしようとしても、想像以上に体力を使うため、「そもそも雑草を放置したままではいけないの?」と、思う方も多いでしょう。しかし、安全で快適に過ごすためには除草が必要です。今回は、その理由と対策方法についてご紹介します。

■なぜ雑草を放置してはいけないのか?

一番は「見た目の悪さ」でしょう。そしてお庭でガーデニングや家庭菜園などをされている方にとっては、害虫を寄せ付けてしまう恐れもあります。また、かなり生い茂ってしまった雑草の場合、ヤスデやムカデなど歩行性害虫の大量発生を引き起こしたり、ヘビなどが潜むこともあるので危険です。

<参考>
【害虫駆除】 自分で出来るヤスデ駆除の方法とその対策

さらに、雑草が隣接したお宅の敷地へと延びてしまい、トラブルになってしまうケースもあります。そして、その生い茂った雑草により、見通しが悪くなることから犯罪をしやすい(起こしやすい)環境ができてしまうと同時に、周りの人もそれに気づきにくい状況なってしまうといった、安全性の面からも雑草は放置せずに、除草することが大切です。

■除草剤を効果的に使って作業の負担を軽減

刈っても刈っても生えてくる雑草。こまめに除草してもだんだん追いつかなくなり、疲れてしまう人も多いのではないでしょうか。そんな時に便利なのが除草剤です。その除草剤を効果的に使う方法をご紹介します。除草剤には、大きく分けて、「粒剤タイプ」と「液体タイプ」の2種類があります。

1、除草剤の種類
<粒剤タイプ>

雑草が生えてくる前に撒いておくのが最も効果的。溶けて「根」から吸収され、除草効果が長く(半年から1年)続きます。草丈が20cm以内のものに対して効果があるため、草が伸びている場合は短く刈ったあとに散布したほうがよいでしょう。

除草剤粒剤

<液剤タイプ>

雑草が生えてしまった後に撒くと効果的。即効性があり、除草剤が付いた部分の「葉」を枯らす効果があるため、草丈の高い雑草にも効果的です。時期を選ばずに、どんな雑草にも使用できます。また、根から吸収されないので、散布後に植物を植えたい人にはオススメです。

除草剤液剤

※液剤で根まで枯らせるタイプの除草剤もあります。

葉にかけることによって効果が根まで届きます。かけた雑草だけを枯らし、土に落ちた成分は短時間で土壌粒子に吸着して、その効果を失います。そして、微生物により、自然物に分解されます。

ラウンドアップ

  2、除草剤の効果を高める散布のタイミング

結論から言うと、雨の日を避けて散布するのがよいでしょう。粒剤の場合は土に浸透させ「根」から吸収させて枯らすため、多少の水分があったほうがよいのですが、雨がたくさん降ってしまうと、除草剤自体が雨水に流されてしまい、効果が減少してしまいます。

液剤タイプの場合は「葉」の部分に直接散布して枯らすため、雨が降ると液剤が流されてしまい効果が減少してしまいます。また、風のないタイミングで散布してください。散布時に有用な草花にかかってしまうと枯れてしまいます。

いずれの場合も、除草剤の散布は雨の日は避け、さらに1、2日くらいは雨が降らない日を選んで散布するとより高い効果が得られるでしょう。

3、除草剤散布時の注意点

除草剤を使用する時には、マスクや手袋、長袖、長ズボンを着用して直接皮膚に触れないようにしましょう。長靴なども用意しておくと安心です。また、使用済みのプラスチック容器は2~3回洗浄して、洗浄後の水は除草する場所に撒いてください。容器の処理は、各自治体の処分方法に従って処分しましょう。

■ まとめ

このように、除草剤を上手に取り入れることで、除草作業を軽減することができます。天候などにも注意して除草剤の効果を発揮できるよう撒いてください。そして、夏に向けて快適な環境で過ごしましょう。また、除草剤を購入する際は、どのような除草に使用したいのか。その使用方法や安全性などパッケージの内容をよく見て選びましょう。専門の店員さんに聞いてみるのもよいでしょう。

これからの夏の時期は日差しも強く、外に出るのも厳しくなってきます。除草剤を撒くのも大変と思っている方、駐車場や空き地など広い場所での散布が大変という方。そんなときは便利屋アルファが代わりに作業致します!草刈り、庭木の剪定、除草剤の散布、害虫駆除まで対応していますので、お気軽にご相談ください。

<今回の作業事例:除草剤散布>

作業人員1名
作業時間1時間
作業料金6,000円+消費税

埼玉県・東京都の【草刈り、剪定、除草剤散布】は便利屋アルファにおまかせください。
24時間365日 スピード対応の便利屋アルファ TEL:0120-02-8686