ライター/角田真一 

孤独死が発生すると、室内は血液などで汚染されてしまいます。大切な人の亡き跡とはいえ、これをそのままに遺品整理を進めるのは遺族の健康を害する恐れがあります。今回は、そんなリスクを回避するため、安定化二酸化塩素を使った 特殊清掃についてお話します。

安定化二酸化塩素

■孤独死の現場での感染症のリスク

「孤独死」とは…主に一人暮らしの人が誰にも看取られることなく、自宅で病気などが原因で亡くなってしまうこと。また、特殊清掃の業界においては、死亡してから数日以上経過した現場の遺品整理や特殊清掃を総称して、「孤独死の現場」と呼びます。

私たち便利屋アルファでは、特殊清掃のご相談件数が年々増加しています。孤独死が発生すると、遺体は腐敗を始め、数日以内でウジが発生し、遺体からは血液などの体液が出てきます。体液は床などに染みつくと簡単には除去できません。床に染みついた体液は腐敗し、室内は不衛生な状態となります。遺品整理をする際に不衛生な環境では作業効率に影響が出ます。

また孤独死で亡くなった方が肝炎などを患っていた場合は感染症のリスクがあるため、遺品整理前に特殊清掃として、室内を消毒除菌することは必須作業となります。

■孤独死の跡、体液の染み出した場所に有効な特殊清掃「安定化二酸化塩素」による除菌

孤独死が発生すると、数日で床に血や体液の跡が残ってしまいます。このような場所で貴重品探しなどの遺品整理をする時には、必ずゴム手袋とマスクを着用してください。自分の身を守るための必須条件です。さらに、体液の染み出た場所は重点的に消毒をします。この時、どのような消毒剤を使用するのが望ましいのでしょうか。

私たち便利屋アルファが推奨するのは「安定化二酸化塩素」です。ホームセンターなどでは取り扱っていません。専門的な洗剤販売店で手に入ります。なぜ、この「安定化二酸化塩素」を使用するべきなのか。それは“室内の建具を腐食しないこと” “強力な除菌力を持っていること”の2点が理由です。

たとえば、ハイターなどの塩素系洗剤で床や壁を除菌すると、洗剤をかけた部分が腐食し変色してしまいます。これでは除菌できても建物自体をリフォームする必要が出てきます。この「安定化二酸化塩素」はどんな場所でも腐食・変色を起こさない性質を持っています。つまり、室内全体に散布しても問題ないのです。

さらに、他の除菌剤に比べて除菌力が強く、長時間にわたって除菌効果を発揮します。その効果は塩素のおよそ2.5倍と言われています。これらの理由で私たち便利屋アルファは、孤独死の現場で、「安定化二酸化塩素」を使用する事を推奨しています。

■どのように特殊清掃の除菌作業を進めていくのか

実際に安定化二酸化塩素を使用した特殊清掃をする方法です。

1.防護服やマスク、ゴム手袋を着用する
2.床などに染みついた体液を除去し、汚染された布団や衣類などの荷物を撤去する
3.噴霧器を使って室内全体に入念に安定化二酸化塩素を散布する
4.散布し拭きはしない。濡れたままにすることによって除菌効果が持続する

このようにして室内の消毒除菌をします。孤独死の現場での特殊清掃とは、この部分の作業を意味し、孤独死の現場では、この作業を必ず実施してください。

■ 安定化二酸化塩素による消毒除菌の費用

では、安定化二酸化塩素による消毒除菌の費用はどのくらいかかるのでしょうか。私たち便利屋アルファでは、安定化二酸化塩素による消毒除菌費用は作業範囲によって変動します。例えば孤独死した場所の清掃とワンルーム全体に消毒除菌を施す場合は、18,000円+消費税が費用の目安です。この他に汚れた布団や衣類などの処理費が必要になる場合もあります。


<今回の作業事例:安定化二酸化塩素による消毒除菌>

作業人員1名
作業時間1時間~
作業料金18,000円~+消費税

 埼玉県・東京都の【特殊清掃】は便利屋アルファにおまかせください。
24時間365日 スピード対応の便利屋アルファ TEL:0120-02-8686