ライター/イタバシ

網戸張り替え

 ■網戸の張り替え時っていつ?

網が破れて穴が開いてしまったり、ネットがゆるんで隙間ができ、ゆがんでしまったりしたときは張り替えが必要です。また網戸は日に当たっていることが多く、紫外線による劣化も出てきます。そのため、2~3年程度を目安に張り替えするとよいでしょう。

■網戸張り替えに必要な道具を用意

・ハサミ
・カッター
・マイナスドライバー
・大き目のクリップ
・押さえローラー
・雑巾、歯ブラシ

■網戸張り替え手順

ポイントを押さえながら張り替え作業をしてみましょう。

①押さえのゴムをはずす。

網戸張り替え手順①

古くなった押さえのゴムをマイナスドライバー等で外し、ネットもはずします。

②アルミ枠のホコリをとる。

網戸張り替え手順②

歯ブラシや雑巾を使って汚れを取りキレイにする。

③ 新しいネットを必要な大きさにカットして仮止めする。

網戸張り替え手順③

ネットをサッシ枠から8cm~10cmくらいの余裕を持たせてカットし、4辺をクリップで固定する。

【ポイント】 このとき、網目が曲がらないよう、サッシと並行に置くことでよれずに綺麗にネットを張ることができます。

④ 押さえゴムを溝に押し込む。

網戸張り替え手順④-1

3cm程度押さえのゴムが余るようにして、サッシ短辺の端からローラーを使って、ゆっくりと溝に押し込んでいく。

【ポイント】 網目が並行になっていることを確認しながら、押さえゴムを押し込む。(並行にタルミなく張ることができると、ネットが綺麗に立ち上がってきます。) また、短辺と長辺の2辺が並行に張ることができれば、残り2辺も綺麗に仕上げることができます。タルミができてしまった場合はネットを張ったままゴムを少し浮かせて押し込み直す。

網戸張り替え手順④-2

⑤ 余分なネットを切る。

網戸張り替え手順⑤

ゴムが綺麗に溝に入ったら、余ったネットの端を軽く持ってカットする。

【ポイント】 カッターナイフを内側から寝かせるように当てると綺麗にカットできます。

網戸張り替え手順完成

完成です 。

■張り替えるほどではない穴や筋切れはどうすればいい?

網戸の穴

小さな穴であれば、市販で売っている「補修シート」で簡単に補修することができます。穴や筋切れ部分のほこりを落としてキレイにしたら、シートを表裏に合わせて貼り、補修完了です。

網戸のやぶれなおし

■まとめと網戸張り替えの料金

いかがでしたか。ポイントを押さえて、先の手順で作業していけば、きっと綺麗に網戸の張り替えができるでしょう。ご自身で網戸張り替えにチャレンジしてみませんか。しかし、網戸を外して張り替え作業するスペースがない、張り替え自体が面倒という方は、便利屋アルファへご連絡ください。

<網戸張り替えの料金>

普通サイズ(940×1890):1枚3,000円+消費税~
中サイズ:(940×940まで)1枚2,500円+消費税~
小サイズ(940×650以内):1枚2,000円+消費税~


※ネットの種類により料金は変動いたします。
※網戸の引き取り・張り替え・設置までいたします。

<参考>

【網戸張り替え】 どんな網戸ネットを選べばいいの? その種類と特徴 とは
網戸の汚れをスッキリと簡単に掃除する方法

<今回の作業事例: 網戸張り替え>

作業人員1名
作業時間普通サイズ3枚45分
作業料金9,000円+消費税

埼玉県・東京都の【網戸張り替え】は便利屋アルファにおまかせください。
24時間365日 スピード対応の便利屋アルファ  TEL:0120-02-8686

メールでのお問い合わせは こちら からお願いします。